風災害の被災者様に

2019年10月17日

皆様、先日の台風は大丈夫でしたか?
高崎の方はあまり大きな混乱や建物被害などはなかったようですが、各地域未だ、普及の目途が立たない地域も多く心配されるところです。

 

2つほど不動産会社、保険代理店としてのお話を載せておきます

 

まずは1つ、不動産会社として


今回の被害により、ご自宅、またはアパート等が当面住めるような状態でなくなってしまっている場合、
インターネット等で被災者向けの仮住まいをして提供してくれるアパートや戸建が掲載されております。
例えば、アットホームのサイトですと「被災された方向けの物件一覧」というページがあります。
お住まいや当面の生活が確保されていない方などは参考にしてみてください
勿論、当社でもお探しは可能ですのでご相談ください。

 

もう1つは建物保険(家財、火災保険)についてです


風災害で建物または室内の家財等に被害があった場合に必須となる保険です
よく、建物がもう古いから入らないといった方もいらっしゃいますが、必ず加入しておいた方がいい保険です
正直、個人としては車の自賠責保険のように義務として入らせた方がいいとさえ思っております。

例えば、目の前の電柱が倒れてきて家がつぶれてしまっても自然災害などの場合は原則補償の義務はありません。
なので万が一、保険に加入していないと泣き寝入りせざるを得ないケースもありえます

※千葉のゴルフ場の鉄塔が倒れた事件がまさにそれに当てはまります。ゴルフ場側は一切保証を出さないという話です

 

また今回、火事場泥棒なども発生しておりそういったケースでも保険の対象になりますので何かある前に入っておくことを強くお勧めします。

 

ポイントとしては、まず建物保証、家財保証がどういった際に適応されるか(おすすめは風災害、水害、地震、盗難時に保証されるもの)

また建物保証は新築費単価法(再建築調達価額)で掛けたほうがいいです。

簡単に言うと新しく立て直した際にかかった費用がそっくり保証されます。

 

保険金額もまとめて10年分などで払えば1年計算で1.5万~3万弱くらいですのでそこまで大きな負担にはならないと思います

※屋根や外壁直すだけでうん十万、うん百万かかりますから・・・

 

当社はAIG保険の代理店をしており、お見積りも可能です。

ご相談いただければ内容も含め詳しくご説明いたします

 

まだまだ復旧まで時間かかりそうですが一丸となって乗り切りましょう!